【うるま市で不動産売却】
個人住宅や法人でアパート売却するときの会計について

  • TOP
  • 【うるま市で不動産売却】個人住宅や法人でアパート売却するときの会計について

うるま市で不動産売却!個人で住宅売却をする場合は簿価をチェック!

うるま市で不動産売却をする際は、会計処理についても押さえておきたいポイントとして挙げられます。不動産売却をするとお金が手元に入ります。場合によってはかなり高額になり、利益が出るケースもあります。その際、しっかりと会計処理を行わないと税金面で問題が起こる可能性があるのです。ここでは、住宅売却とアパート売却における会計処理についてご紹介いたします。これから不動産売却の予定があるという方は、ぜひ参考にしてください。

個人で住宅売却!会計処理はどうなる?

手の上にある家の模型

個人で住宅売却をする際は、帳簿上の金額である簿価をチェックしましょう。基本的に簿価と同額で売却できるケースはほとんどありません。大抵の場合は価格が上下して資産額に差が出るので、会計処理が必要になります。

簿価よりも高く売却した場合

簿価よりも高く売却した場合は利益が生まれます。そのため、賃借対照表の借方と貸方に記入することになります。まず借方には売却金をどの口座で受け取るのかを示します。貸方には減価償却費を引いた額の建物、土地の簿価に関する会計処理を行います。また、譲渡所得の対象となる差額の利益についても記載します。

簿価よりも低く売却した場合

簿価よりも低く売却した場合は差額の損失が生まれます。売却金と建物、土地に関する会計処理は先ほど説明した場合と同様です。しかし、損失の金額は事業主貸として借方に処理する必要があります。

土地の場合

また、土地の場合は建物と違い消費税が発生しないという特徴があります。そのため、所有目的によって会計処理が異なってきます。例えば事業で使用していた土地を売却したケースだと、利益が発生した際に固定資産税売却益として処理します。仕分け先の科目は営業外収益や特別収益になります。一般的に営業外収益が使用されますが、利益の金額があまりにも大きい場合は特別利益として処理するのがおすすめです。

損失が発生した場合は営業外損益や特別損失として処理を行います。土地は減価償却を行わないので注意しましょう。

不動産会社が土地を買い取って再販した場合は、棚卸資産を売却したときと同じ扱いになるため、会計処理は売上として取り扱います。

法人でアパート売却!会計処理はどうなる?

大量のコインで電卓の上にある人形

次に法人がアパートなどの不動産売却を行った場合の会計処理についてです。

減価償却費による利益調整

法人の場合、減価償却の取り扱いが任意償却になります。任意償却とは算出された年間の減価償却費内であれば経費を自由に決めることができるというものです。例えば年間の減価償却費が1,000万円の場合、利益や他経費の金額などを考慮して、100万円だけを経費として取り扱うという会計処理が可能です。つまり、法人であれば減価償却費によって利益を調整することができます。

法人化する際の会計処理は?

また、法人化する場合の会計処理についても押さえておきましょう。個人で行っていた事業を法人化する際には、資産や負債を引き継いだうえで会計処理を行います。そのため、引き継いだ資産の価格が適正であるかを判断することになります。

不動産の価格というのは価値の判断が難しいです。処理した金額が時価の2分の1に満たないという場合、譲渡されたものとして計算されてしまいます。自分で価値を判断すると計算に間違いが起きやすくなるため、不動産鑑定士に依頼して適切な価値を見極める必要があります。

会計処理は慣れるまでは難しいところが多いです。基本的なことから理解していくことで、いろいろなケースに対応できるようになります。正しく会計処理を行って税金面における問題発生の回避につなげましょう。

うるま市で不動産売却を成功に導くためのサポートをご提案!

一般的に不動産売却は頻繁に行うものではないため、様々な疑問や悩みが出てくるものです。自分で調べて問題解決を図ることもできますが、何かと負担が大きいです。希望に沿った不動産売却を進めるためにも、不動産業者に相談することを検討してみましょう。

T&C LABOはうるま市と沖縄市を中心に、不動産売買や不動産管理などのサービスをご提供しております。豊富な知識・経験を有しており、はじめての不動産売却も成功へと導いてまいります。信頼できるパートナーとしてお客様に寄り添いながら、親身になって適切なサポートをご提案いたします。うるま市で不動産業者をお探しの方は、お気軽にT&C LABOまでお問い合わせください。

コラム一覧

うるま市で住宅など不動産売却ならT&C LABO

会社名 株式会社T&C LABO (T&C LABO Co.,Ltd)
代表者名 宮城直樹
資本金 5,000,000円
住所 〒904-2214 沖縄県うるま市安慶名1丁目7−31 1階A
電話番号 098-979-2020
FAX 098-979-2021
メールアドレス info@tc-labo.okinawa
URL https://www.tc-labo.okinawa/
営業時間 09:00~18:00
定休日 水・日(※お盆、お正月は休み)
  • 宅地建物取引業者
  • 免許証番号
沖縄県知事(1)第5069号
事業内容 賃貸物件の管理・賃貸仲介・売買仲介・任意売却・民泊事業・観光ガイド事業 空室相談、相続問題、借地問題などに関する相談 不動産開発事業、投資判断、競売物件取得代行
各種資格 宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士・上級相続支援コンサルタント
加入団体 (公社)全日本不動産協会・(公社)不動産保証協会

to top